借金の返済は終わらず・・・結局お金を借りるの巻

みなさん、こんにちは。私は相変わらず奨学金ローンの返済を続けています!奨学金の支払い猶予をお願いしてみて、一時的には楽になったものの、実際返済の金額が減るわけではなく 、相変わらず悪戦苦闘の毎日が続いています。。

フリーターになってしまったので、給料もあまり良くないのですが、健康だけが取柄な私は、
なんとか掛け持ちをしながら、返済をしています。クリスマスシーズンも近付いて、周りの幸せそうな人た ちに踵を返しながら、一人立ち飲み屋に入って安酒を浴びることも増えてきました。

もう30代です、私ももうそんな歳なんだなと。どこで道を誤ったんだろな・・・と、借金のことも考えつ つ、立ち飲み屋で物思いに耽る。はっきり言って相当暗い毎日を過ごしていました(笑)

しかし、ある日のことです。その日は、尋常じゃない寒さに凍えながらいつもの立ち飲み屋に入ったのでし た。下北にあるそのお店は、瓶ビール大瓶で500円、その他おつまみ系が50円から、高くても300円 という驚異的なほどに安いお店。タバコの灰も吸殻も床に落としてOKなので、喫煙者はとっても気楽なん ですね。そんな風なお店なんですが、下北という土地柄もあってか、けっこう若い男女も来るんですよ。その日は特に多くて、若者でごった返しているっていう珍しい1日でした。

とまぁ、フランクな人が多い多い。お酒の勢いもあってか、自然と近くの人と身の上話をしてしまうんです ね。で、奨学金返すのに苦労して~なんて話もしたわけで、暗くなっちゃうよなぁみんな・・・なんて考え ていたんですが、全然違うんですね!

「俺なんて、全然売れないからしょっちゅうお金借りてますよ」
なんていう、若い舞台俳優の方がいたり、

「俺は、借金100万あるぞ!」
っていう、ヒッピー風のミュージシャンがいたり・・・、

「お店立ち上げ たばかりで借金まみれだよ」
っていう、カフェのオーナーがいたり。。

おまけに「暗くなっててもお金はい るわけじゃないんだからさ、明るくいこーよ!!」
と、20代の酔っ払った女の子に肩やら、背中をバンバン叩かれる 始末・・・(笑)いやぁ、いろんな人がいるものです。おかげで、少し気が楽になりました。

しかも、女の子に「今度、飲みに行こう!」って連絡先までもらっちゃいました。自然な流れで、その子と デートする事になったのですが(10歳も下です)僕にはそんな余裕なんてありません。困った私は、キャ ッシングローンでお金を借りることにしたのです。

できれば、職場や家族にバレたくないなぁと考えていたのですが・・・ありました!
バイト先にバレずにお金を借 りられるところが。たかがフリーターではありますが、職場に女の子が多いこともあって、面子を気にし ちゃうんですよね。家族には心配させたくありませんし。

まぁ、たまに楽しむくらいなら良いでしょう!その方が、借金返済も頑張れます!

サラリーマンからからフリーターへ。奨学金返済が困難に!

私は現在30代なのですが、現在進行形で奨学金ローンを返済しています。

私の家庭は私、母、姉の3人暮らしだったのですが、正直なところ経済的に裕福な家庭ではありませんでした。父が小学生のときに亡くなったので、そのときから母子家庭だったのです。

小学校と中学校はもちろん公立だったのですが、高校に進学する際にも、金銭的な理由から、公立への進学を目指したました。当時は一応併願で私立も受験していたのですが、無事公立に合格することができました(^^)母親からも、私立にやれるお金なんてありませんからね!と何度も言われていたので、もし公立落ちたらどうするんだ?と、焦りながら勉強した記憶があります(笑)

高校に通っている間は、これといって将来的な夢もありませんでしたので、毎日普通に過ごしていました。高校3年生になったときに、仲の良い友人が大学に進学することが多かったので、私も大学に進学することにしました。

その際に母に相談したのですが、学費を捻出することができないので、奨学金を利用して欲しいと言われました。奨学金の説明会を受けて、奨学金を利用することにしました。

無事大学にも合格することができたので、奨学金を借りて勉強することになりました。大学生活も、浪人することなく進学することができましたし、私の場合は就活にそれほど苦労しませんでしたので、ペット用品専門商社への就職が決まりました。

しかし、その会社は今で言うブラック企業で、朝の9時から仕事が始まり、夜中の12時に仕事が終わるという現状でした。このままでは身体が壊れてしまうと感じたので、就職してから3ヶ月で退職することにしました。私が所属した部署は4人いたのですが、3ヶ月の間に3人が退職していくような会社だったのです。

その後、奨学金の返済にとても苦しみました。月に2万円返済することになっていたのですが、フリーターになった私にとっては返済が厳しい状況になりました(;_;)このままでは生活ができないと考えたので、私は奨学金の猶予をお願いすることにしました。

この猶予は1年ずつ行うことができるのですが、この猶予のおかげで生活がだいぶ楽になりました。猶予をすることができなければ、生活が破綻していたと思います。

奨学金と言うと、借金と言うイメージがなかった自分は甘すぎたように感じます。
しかし今は、完全に借金という認識で猶予期間中にお金を貯めコツコツ返済していきたいと思っています。